Home

獣医師とは


獣医師とは簡単に言うと、動物のお医者さんのことです。動物好きな人が獣医師になったり、動物に興味を持っている人が獣医師になったりすることがあります。最近ではペット飼う人が増えてきていることもあり、大切な家族の一員でもあるペットの病気にいち早く気付けるような獣医師の存在は重宝されるようになってきています。

動物のお医者さんとして動物病院を実際に開院しているのは、獣医師の約3割と言われています。その他の7割はどんな仕事をしているのかというと、多くが大学で動物に関する研究をしていたり水族館や動物園などで動物たちの面倒を見ていたりします。家畜を取り扱っているところでも獣医師の存在は必要です。

医師の求人多数取扱い

それから、獣医師の約4割は行政獣医師と言われています。これは公務員です。国家公務員と地方公務員があり、厚生労働省や農林水産省などに勤めている人もいます。地方公務員は保健所勤務が多く、食品衛生面の仕事を行うことが一般的です。