Home > 獣医師(大動物)

獣医師(大動物)


獣医師には様々な種類があります。動物病院を開いている獣医師は主に小動物の治療を行う人です。一方、大動物はそういった一般的な動物病院で診てもらうことはできません。動物園や水族館といったところに飼育されている大動物の治療は、大動物向けの獣医師が専属的に診察することになっています

大動物を診察する獣医師は、動物園や水族館などに就職します。専属で診なくてはならないからです。もしくは、かけもちで診療を行っているような獣医師も居るので、そういった人は定期的に往診にやってくることもあります。提携といった形で動物園や水族館などを巡ることになるわけです。

大動物は家畜としても飼育されていることがあります。畜産業を行っているところなどに出向く獣医師もたくさんいます。大動物の診療は大変です。専門的な知識がないといけませんし、何よりも大きくて力のある動物ばかりなので、体力的にも大変になることがあります。ベテランになるまでは相当、苦労するものです。