Home > 獣医師になるには

獣医師になるには


獣医師になるにはどうしたらいいのかというと、大学の名称は異なるものの主に獣医学科と呼ばれる科を卒業することが第一条件となっています。それから国家試験を受けなくてはなりません。獣医師免許は国家資格となっているので、これがないことには獣医師になることはできないのです。

獣医師の国家試験を受けられる学科のある大学は、あまりありません。そのため、まずは獣医学科に入学することが難関となっています。国公立を合わせてもたったの16校しかないのです。そのため、獣医学科に所属する学生はかなり少ないと言えます。獣医師になれる人は貴重な存在と言えるかもしれません。

獣医師のための学科は大学で6年制となっています。一般的な学部を卒業するよりも長く在籍することになるので、当然、費用もかかります。偏差値も高い学校ばかりなので、相当な覚悟を持って受験に臨むことが大事です。毎年、獣医師の国家試験は1年に1回、行われています。