Home > 獣医師が遭いやすいトラブル

獣医師が遭いやすいトラブル


動物病院で働く獣医師が遭いやすいトラブルは、ペットの飼い主とのトラブルです。ペットも大事な家族の一員となっていることから、治療に少しでも疑問点や問題点が生じてしまうと、飼い主に突っ込まれてしまうことがあります。しかも厄介なことに、肝心のペットは人間の言葉を喋ることができません。だからこそ、言葉の行き違いや思い違いなどが生じやすくなってしまうというわけです。

よって、獣医師は飼い主への言葉のかけ方に注意する必要があります。親身になってペットの治療にあたることをきちんと飼い主に伝えられるようにしなくてはなりません。飼い主によっては治療に対して文句を言ってくることもあります。ペットが思うように回復しない場合、獣医師に責任を押し付けてくることもあります。

また、ペットは人間よりも寿命が短いことが多いため、病気などの問題点がなく老衰による死亡ということになることがあります。それでも獣医師に飼い主が八つ当たりしてくることもあるので注意が必要です。